Cause we are the ...

La ricerca della morale che non dipende da una cosa della trascendenza...
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    宇根 康裕 (09/07)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (08/25)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (08/20)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (07/12)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 相変わらずの田幸和歌子
    よはん (05/28)
epigraph
  • 「低さ」と名づけられているものはすべて、重力による現象だ。(S.Weil)
  • 水は低きに流れ、人の心もまた、低きに流れる。(H.Kuze)
  • ハハハッ、アステロイドベルトまで行った人間が戻ってくるっていうのはな、人間がまだ地球の重力に引かれて飛べないって証拠だろう?(H.Karn)
Hanabi
iPod
logpi
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark | |
火薬と導火線
asahi.com(朝日新聞社):「派遣切るな」2千人 怒りと不安、東京・日比谷 - 社会

日本の火薬庫もいよいよきなくさくなってきた。

●参考リンク
http://idamond.jp/series/tsujihiro/10054/
http://www.asahi.com/national/update/1204/OSK200812040113.html

http://b.hatena.ne.jp/nornsaffectio/
続きを読む >>
Le courant des fois|時流 | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
交通整理|混迷の果てに
前のエントリを書いて気が楽になったので、もうひとつ宿題を片付けてみる。

話が平行線を辿ったまま用語法が混乱し、落とし所を見失っていた、宇根君との一連のやりとりをひとくぎり付けてみようと思う。


(追記 2008年10月2日 リンクミスを修正しました。)
 

続きを読む >>
Un passage fragmentaire|断章 | 03:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
レジーム先行とジャーゴン:後藤和智『おまえが若者を語るな!』をダシにして
近頃ちょいちょい覘くようになったブログで、面白い記事を見つけた。

後藤和智『おまえが若者を語るな!』 - logical cypher scape

最近話題になっている本の書評記事であるが、まあ、この本自体はリンク先冒頭の

これは、悪口が書いてある本である。


の一言に尽きるような代物である。後藤氏といえば、本田由紀氏らと組んで俗流ニート論批判を行っていた人で、それなりに面白いものを書く人だと思っていた。それだけに、こういうスタイルの本が出てきたのを見て「なあんだ」という思いが一瞬僕の頭をよぎったのは事実である。尤も、そうはいってもこの本でも後藤氏なりの一貫した問題意識による構成は表れているわけで、お前も佐高や日垣と同じ轍を踏むのか、という心配はとりあえず不要ではあるわけだが、さて、それにしても、というのが残る。


 とはいえ、
続きを読む >>
Un passage fragmentaire|断章 | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
王道
また「登山」。
今度は「納豆サボテン卵とじ」

納豆サボテン卵とじ
続きを読む >>
Nourriture et liqueur|食・酒 | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
ヨガスパ
久々の「登山」。
注文したのは、「ヨガスパ」。

ヨガスパ

続きを読む >>
Nourriture et liqueur|食・酒 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
以前のエントリ「人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?」に関する話の続き。
http://nornsaffectio.jugem.jp/?eid=77#comments

この話は、下のリンク先の記事から続いているものです。
http://nornsaffectio.jugem.jp/?eid=42#comments

ところで、タイトルのネタ元は、…言うまでもありませんね。(記事最後尾参照)

さて、話を続けましょうか。。。



続きを読む >>
Un passage fragmentaire|断章 | 03:01 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark | |
JUGEM IT! from WaiWai騒動後に想像力を働かせる時期 - 雑種路線でいこう
WaiWai騒動後に想像力を働かせる時期 - 雑種路線でいこう

はてブでもコメントした(直下の引用参照)のだが、やはり100字では舌足らずになったので、ちょっとだけ補足。

はてブで付けたコメントは以下の通り。

[毎日新聞][表現の自由]表現の自由を守るという点でネット規制に対して共闘<この理解は今ではあまり正しくない。マスコミは組織であり巨大社会権力なので、個人と区別して考える趨勢が有力になっている。アクセス権の発想などは好例。


続きを読む >>
Le courant des fois|時流 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
最近のSBより
最近のはてブより。
http://b.hatena.ne.jp/nornsaffectio/

予告.inの本当の功績は、犯罪予告検知に意味が無い事を知らしめたこと - 狐の王国
d:id:KoshianX 45 users 2008年07月31日
[予告.in]要するに適切なアルゴリズムを書けなかったということだが、まぁ、世の人がどれほど通報なるものに幻想を抱いているかを明らかにする功績はあったかも。そもそも通報にはノイズが多(ry


すかしっ屁という通称の毒ガスを撒く可能性があります。 駅... - 予告in
yokoku.in 58 users 2008年07月31日
[刑事司法]そもそも通報を過大評価しすぎなんだよね。通報それじたいは捜査員数に比してもともと多く、警察は通報ノイズに悩まされていた。予告.inは通報ノイズの意匠に過ぎず、現に犯罪抑止の役に立っていない。


犯行予告を共有するサイト「予告.in」はもう限界に達している - GIGAZINE
gigazine.net 87 users 2008年07月31日
[刑事司法][予告.in]そもそもそういうノイズに翻弄されないために司法警察職員というのが存在するはずなんだけどね。生兵法でやった結果、ノイズは増加するわホンモノは関係なく犯行に及ぶわと来ては、失敗と断ずる他にないでしょうよ。

斜体部分が僕のコメントです。

まあ、ここにお越しになる賢明な読者にはいうまでもないことですが、
続きを読む >>
Le courant des fois|時流 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
土用丑雑感
先刻、ウナギを待ちながらアフタヌーン9月号を読んでいたのだが、そのなかで以下のような記述を見かけた。122頁である。


持ち味は直球より変化球。
豊田徹也そろそろ本領発揮?



7月号からはじまった豊田徹也の新連載、『珈琲時間』の最終頁の欄外下の言葉である。編集の方が書いていると思われるのだが、妙に既視感のある言い回しだ。


続きを読む >>
Un passage fragmentaire|断章 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
完全にベヒモスを揺り起こしてしまった毎日新聞
「毎日jp」が自社広告だらけに、ネット上に深いつめ跡残る:ITpro

あっちゃー……。
もう手の施しようがない。

◎参考ブログ記事
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/06/post_be39.html
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/07/vs_2ee6.html

ネット内限定の「お祭り」で終わるかと思いきや、自分たち自身の事後処理の不手際により、とめどなく延焼が拡がってしまった毎日新聞問題。こういう状態の危険性を僕は以前からもそれなりに憂慮してきたので、あまり手を貸したくなくて大人しく引っ込んでいようかとも思ったが、それも無責任かなと思ったので、思い直してもうちょっと続けることにした。

続きを読む >>
Le courant des fois|時流 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |