Cause we are the ...

La ricerca della morale che non dipende da una cosa della trascendenza...
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    宇根 康裕 (09/07)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (08/25)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (08/20)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (07/12)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 相変わらずの田幸和歌子
    よはん (05/28)
epigraph
  • 「低さ」と名づけられているものはすべて、重力による現象だ。(S.Weil)
  • 水は低きに流れ、人の心もまた、低きに流れる。(H.Kuze)
  • ハハハッ、アステロイドベルトまで行った人間が戻ってくるっていうのはな、人間がまだ地球の重力に引かれて飛べないって証拠だろう?(H.Karn)
Hanabi
iPod
logpi
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark | |
翼の生えた街へ
今日の買い物。

ラングラー

ジーンズがくたびれてきたので買い足し。Wranglerのルーズフレアカットで、少し青の強い色味のやつ。開店セールで二割引だった。





ヴィックス

ついでに、隣接したスギ薬局でヴィックスメディケイテッドドロップのチェリー味を購入。これからの季節、僕にとって手放せない一品となる。風邪をひいた時も、時折こいつを口に含み、食前には葛根湯を飲み、栄養のある食事を摂り、食後は栄養剤というラインアップで臨むことが多い。




その後は、過日待ちに待った開店を迎えた大型書店に寄り、イェルムスレウやら北村薫やらを漁り、さんざん立ち読みして帰途についた。その店で一冊文庫本を買ったが、そうしたら洒落た書皮(ブックカバー)を付けてくれた。その本についてはまたいずれ。
Marchandises|グッズ・アイテム | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
NIKE COURT FORCE HI BASIC 314362-141
コートフォースHi 314362-141半額だった。

わが愛しの一葉に泣く泣く別離を告げ(?)、入れ替わりでやってきたのがこの314362-141というわけだが、聞けば2007SUMMERの新作だそうで。コートフォース自体は1987年発売のモデルの復刻シリーズだが、そいつがかのエアフォース1やダンクに代わりナイキの人気定番モデルとして認知されつつあることを知ったのは、間の抜けた話だが、ごく最近だ。スパイダーマンか、将亦ジオンのモビルスーツかと思わせるような凝ったデザインをしたスニーカーが靴屋の一角に溢れていた頃とは様変わりし、近頃はこういうシンプルなデザインが再び人気を集めている。復刻しすぎとの声もあるが、 CONVERSE ALL STARS 等と比べれば、まだまだかわいい方だろう。

ともあれ、こいつの存在は少なくとも、僕の趣味には合っているようだ。同族にはケバい配色のものもあるが、ハイベーシックホワイト/ダークオブシディアンの配色に関しては申し分なし。LAWとHIに関しては、後述する理由で迷わずHiにした。

今回のテーマは「くるぶしまでガードしてくれるもので、しかも圧迫感の薄いもの」。加えて、低重心であれば尚良し、と。それが基準だった。

理由は、先月初旬の怪我だ。足首の捻挫というやつは厄介なもので、一度やらかすと、だいぶ治ってからでも足回りの不安感がなかなか拭いきれない。患部の炎症は3〜4日で収まるのだが、すぐには歩けるようにはならない。歩き方を忘れてしまうのだ。その後、サポーターを付けながらやっとヒョコヒョコ歩きという状態が1週間ほど続く。そして、ケアをしながら何とか普通に歩く状態が結構長く続き、足首のユルミ感がなくなる頃には月が変わってしまっていた。(因みに、ちゃんとした関節の再生には半年はかかるという話。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/捻挫

まず、そのことで足首の内反・外反が怖くなったことがひとつあった。加えて、怪我の直後医者に指摘されたところでは、患部でない方の足(右足)も靱帯がユルミ気味とのこと。要するに、僕の足は怪我をしやすい足だったのだ。

とにかく、そんなこんなで、これまで履いてきた履き口の低い(LOW)モデルのスニーカーを履くことが、ちょっと怖く感じられるようになった。街歩きとか、おとなしめの用途なら別に構わないとして、もっといろいろ動き回るようなときは、もっと横方向の安心感が欲しいと思った。そこで、くるぶしまでカバーできるスニーカーを探そうと思ったわけだ。

それで、今回選んだのが、これ。

勿論僕はNIKEの信者でも何でもない。今回の買い物だって、こちらのあらかじめ要求する選択基準に合致するものがたまたまこれだったというだけの話だ。要するに、またしても、たまたま(!)定番アイテムにブチ当たったわけだが、僕自身、それでそこそこ良かったのではないかと思っている。スタンスミスの時と違って即決だったけど。

まあ、半額だし。(O)
Marchandises|グッズ・アイテム | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
チャーリーよ、安らかに(?!)
(タイトルのネタ元は『太陽にほえろ!』の殿下

デスマスク?
今宵、キューバ・リブレを作ろうと思って買ったペプシNEXに付いてきた、“永遠の敗者”ことチャーリー・ブラウンの人形。手に持ったカップのロゴ部分以外は全身グレーのモノトーン仕様。加えて、この安らかな表情。何だか、デスマスクみたいだね。






Charlie Brown(Wikipedia 英語版)

なぜかWikipedia日本語版にはチャーリーの項目がなかった。スヌーピーはあるのに。飼い犬に負けるあたりはいかにもチャーリーらしいといえばらしいけど。

...やっぱり日本の " PEANUTS " 受容にはねじれがあるなあ。

 -------------------------------------------------------------------
◎参考
デスマスク/Wikipedia

 -------------------------------------------------------------------
A Peanuts Books Special featuring SNOOPY -チャーリー・ブラウンの逆転ホームラン-
A Peanuts Books Special featuring SNOOPY -チャーリー・ブラウンの逆転ホームラン-チャールズ・M. シュルツ 谷川 俊太郎

角川書店 2005-06-23
売り上げランキング : 242403


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 →チャーリーの野球ネタを特集したコレクション。因みに、そのネタこそ今月の「不可解な一言」を読み解く鍵だと申し添えておく。
Marchandises|グッズ・アイテム | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
アディダス・スタンスミス /adidas 'STANSMITH 670461'

(旧サイトから転載)

近頃、妙に足の裏が痛むと思っていた。特に、アスファルトやコンクリートなどの硬い地面の上に長時間立っていたり歩き回ったり、要するにアクティブな一日を過ごした日には、必ずと言っていいほど足の裏が赤く腫れるようになった。理由は明白だった。靴の底が薄かったのである。

やはり、靴というのは重要だ。考えてみれば、自分の全体重を預ける相手である。要するに、自分の肉体の基礎に関わる道具なのだ。軽視して良い道理がない。そういうものを侮ると、文字通り痛い思いをすることになるのだ。

だから、靴はしっかり自分の足になじんだ靴を履きたい。日常僕は Hawkins Traveller を愛用しているが、これは今月で使用歴7年目に突入しようかというロートル選手だ。まあ、山本昌がノーヒット・ノーランをするご時世でもあり、ベテランの味もなかなか捨てがたいところがあるのだが、ベテランにはベテランらしい活躍の場を与えて然るべきだ。あまりアクティブな用途にはもう使えないだろう。

というわけで、スニーカー調達の考えはだいぶ前からあったのだが、この度ようやく計画実現の運びとなった。今回調達したのはこれ。

adidas 'STANSMITH'


アディダス・スタンスミス670461。1965年に「ハイアット」という名称で世に出て以来、世界中で愛用されつづけているテニスシューズの名選手だ。「永遠の定番」と呼ばれるほどの人気シューズだが、別にブランド信仰があって選んだわけでも、もとからアディダスのファンだったわけでもない。これを選んだのは、何回も何回も履き較べてみた結果だ。

やっぱり最初はハイテクシューズの類を試してみたのだが、どうもしっくりこない。足の形に合わないのもさることながら、ごてごてと要素過多なデザインが気に食わないのだ。僕の選ぶ靴である以上長いつきあいになるのだから、デザインに違和感を感じるというのは大きなマイナス要素になる。かっこいいとか悪いとかいうことより、根本的に僕の生活の文脈になじまない感じなのだ。

その点、まずデザイン面でぴったり来たのがアディダスだった。何といってもシンプルな美しさには普遍性がある。しかし、ご存じの通りアディダスのスニーカーは細いシルエットのものが多く、幅広の足では土踏まずあたりに狭苦しさを感じてしまうものが多い。そこをきちんとクリアしてくれたのがスタンスミスだったのだ。

また当然、購入の経緯からして、硬い路面を長時間踏みしめる衝撃を吸収してくれるものでなければならないわけだが、この点についても、定番テニスシューズのスタンスミスは合格点を出せる公算が高いと判断した。そういうわけで、今回はスタンスミスを選んだ。

もちろん、この選択が正しかったかどうかはしばらく履いてみないとわからない。レザーが僕の足にしっかりなじむまでしばらくかかるだろうが、こいつとはいい付き合いをしたいものだ。

今回は久しぶりにしつこいくらい履き較べをした。その際、種類を変える度に合うサイズの靴を取りに行かせてしまったが、嫌な顔ひとつせず付き合ってくれた店員の方に感謝したい。

アディダス STAN SMITH I LG
アディダス STAN SMITH I LG
アディダス
売り上げランキング : 2361

おすすめ平均 star
star永遠の定番

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



★超特価!★アディダス スタンスミス 670461

¥5,800
エース

P.S.
 ええ、中日ドラゴンズには大変感謝してますよ、僕。……意味はわかりますね。

Marchandises|グッズ・アイテム | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |