Cause we are the ...

La ricerca della morale che non dipende da una cosa della trascendenza...
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    宇根 康裕 (09/07)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (08/25)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (08/20)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (07/12)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 相変わらずの田幸和歌子
    よはん (05/28)
epigraph
  • 「低さ」と名づけられているものはすべて、重力による現象だ。(S.Weil)
  • 水は低きに流れ、人の心もまた、低きに流れる。(H.Kuze)
  • ハハハッ、アステロイドベルトまで行った人間が戻ってくるっていうのはな、人間がまだ地球の重力に引かれて飛べないって証拠だろう?(H.Karn)
Hanabi
iPod
logpi
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark | |
「愛の告白」読めたかい?
と言っても、僕からの、ではない。月刊アフタヌーン12月号(2007年)の441頁、北道正幸「プーねこ」の中のお話。(余計なことを言うが、「ああっ教祖さまっ」のことだと言って理解できる人は、結構いい歳のはずだ。)

僕ら猫系の人間(?)にとって必修過程ともいえるこの漫画は、たびたび施される小ギミックにより雑誌付録のようなテイストで愉しむことができる。今回の趣向は、「裸眼立体視(平行法)」。目がものすごく疲れるアレである。くわしい説明は、僕も北道先生に倣ってGoogleに丸投げする。


http://www.google.com/search?q=裸眼立体視%20平行法


さて、タイトルで言った「告白」だが、これは四コマ「忍ぶ恋」にて、風助からモコちゃんに向けて言われたもの。風助の台詞の立体視が成功した場合、彼の愛の告白が奥の方に見えてくる。(やる楽しみが減ったらいけないので答えは言わないが、僕は読めた。)が、なにしろ相手は彼女である。結果は推して知るべし。

さて、今宵は「逮捕しちゃうぞ・フルスロットル」を観ないとね。
Un film,Comiques,Autres...|映像文化・漫画 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
スポンサーサイト
- | 20:30 | - | - | pookmark | |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nornsaffectio.jugem.jp/trackback/59