Cause we are the ...

La ricerca della morale che non dipende da una cosa della trascendenza...
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    宇根 康裕 (09/07)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (08/25)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (08/20)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (07/12)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 相変わらずの田幸和歌子
    よはん (05/28)
epigraph
  • 「低さ」と名づけられているものはすべて、重力による現象だ。(S.Weil)
  • 水は低きに流れ、人の心もまた、低きに流れる。(H.Kuze)
  • ハハハッ、アステロイドベルトまで行った人間が戻ってくるっていうのはな、人間がまだ地球の重力に引かれて飛べないって証拠だろう?(H.Karn)
Hanabi
iPod
logpi
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark | |
ストロングコーヒー・マカライスハンバーグ/マウンテン
久しぶりにマウンテン訪問記。
この日注文したのは、マカライスハンバーグとストロングコーヒー。

ストロングコーヒー
先に出てきてしまったストロングコーヒー。名古屋の喫茶店といえばコーヒーにピーナッツなどのちょっとしたスナック菓子が付いてくることが定番だが、マウンテンの場合、クラッカーとオレンジの蒸しケーキが付いてくる。


マウンテンロゴ
オリジナルのカップとソーサーにはマウンテンのロゴが入っている。気持ち大きめに見える。


マカライスハンバーグ
こちらが今回のメイン、マカライスハンバーグ。トマトピラフの類型。マカというのは、流行りの健康食材ではなく、貝殻型のマカロニのことらしい。摩訶不思議の「まか」との説も。

但し、その佇まいはマウンテンの中ではかなり落ち着いた部類に入る。トマトベースの味付けにマカロニ、その他ちょっとした具材が入り、ミニハンバーグが乗ったところに、この類型共通のデミグラスソース(?)がかけられている。ハンバーグを切り崩しながら食べる食感はちょっと妙な感覚だが、それ以外はまったく普通に食べられる救いメニュー。


登頂!ー20071103
問題なく登頂。


それにしても、ストロングコーヒーは濃い。エスプレッソなど目じゃないくらい濃い。濃すぎて、死人も目を覚ますくらい強烈な眠気覚ましになる。(そんなことあれへんやろ〜。コーヒーで死人が生き返ったら、往生するで〜:こだま師匠風。)飲む場合、一晩眠れないくらいの覚悟はいるかもよ。
Nourriture et liqueur|食・酒 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
スポンサーサイト
- | 18:41 | - | - | pookmark | |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nornsaffectio.jugem.jp/trackback/63