Cause we are the ...

La ricerca della morale che non dipende da una cosa della trascendenza...
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    宇根 康裕 (09/07)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (08/25)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (08/20)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (07/12)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 相変わらずの田幸和歌子
    よはん (05/28)
epigraph
  • 「低さ」と名づけられているものはすべて、重力による現象だ。(S.Weil)
  • 水は低きに流れ、人の心もまた、低きに流れる。(H.Kuze)
  • ハハハッ、アステロイドベルトまで行った人間が戻ってくるっていうのはな、人間がまだ地球の重力に引かれて飛べないって証拠だろう?(H.Karn)
Hanabi
iPod
logpi
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark | |
蜂起の忘我を待ち焦がれるか、団結という夢に溺れるか。
評価:
G.ルフェーヴル
岩波書店
¥ 483
(2007-10)

最近読了した本。

下手の横好きと言われようとリュシアン・フェーブルを好み、アラン・コルバンを愛読する僕にとって長年気になる存在であったジョルジュ・ルフェーブルの高名な論文がせっかく文庫で読めるようになったので、読んでみた。それにしても、これは本格的論著というより短論文という体のものなので、立ち読みで半分、購入して帰宅して半分という程度で読み終わってしまった。

群衆心理分析の祖として知られるギュスターヴ・ル・ボンは、人間が大勢集まって群衆となると、理性が後退して動物性への回帰を起こすとし、盲目的な付和雷同性や破壊衝動を指摘している。たとえば革命時、群衆が蜂起した瞬間など、たくさんのニンゲンの渦中にあってものを考えるヒマがなくなった個々人は、まわりの考え方や行動に同調しやすくなり、やがてはリーダーの唆しに乗って破壊行動に出てしまう、というわけだ。「心的感染」という言葉が使われるが、まるでウィルスが感染してゆくかの如く、ことごとく我を失いわーっと動員されてゆくさまを、この言葉は生々しく想像させてくれる。少なくとも、蜂起の瞬間に訪れる忘我の境地を表すための文学的表現として、なかなか秀逸というべきじゃないかと思う。

忘我の境地というと神秘主義を思い出す。じっさい、支配と服従のヒエラルキーが崩れ、だれもが「感染」したように感情と意思を同じくして動き出す状況は、主客合一の神秘的状態と呼べないでもない。じじつ、革命思想と神秘主義を結びつける論客は少なからずいる。その意味で、笠井潔とシモーヌ・ヴェイユの取り合わせは必然性を持っているわけだ。

話を戻そう。左記のルボンの群衆観を、ルフェーブルは批判している。蜂起する群衆の心理を「理性の後退/動物性への回帰」で説明するのは不適切だというのだ。その瞬間、人々は「ものを考えなくなって」いるのではないし、盲目的にリードされているわけでもない。彼らは「集合的心性」を形成し、それとの合意によってリーダーの指揮を認めて(!)いる。つまり、そこには契約のような状況があるのだ。(ルフェーブル自身はそんな言い方はしていないけれども。)

とはいえ、彼も「心的感染」を否定しているわけではない。リーダー(主)と大衆(客)それぞれの感情と意思が融け合った(合一)ような忘我の境地があることを、彼の議論は排除しない。ただ、それが起きるのは集合的心性との合意がうまくいったときだけと、留保を付けているのである。こうして鍵を握った集合的心性への着目に基づき、ルフェーブルは群衆を三つのレベルに区別する(1.《単純な》集合体/2.半意識的集合体/3.《意識的に結びついた》結集体)。

思えば、神秘主義流の主客合一の考え方には昔から違和感があった。何だかそれは、両想いを期待する求愛のように思えたのだ。想う自分と想われる相手、反転して想われる自分と想う相手。それがうまく円環をかたちづくったときのエクスタシーに相当なものがあるのはわかる。だが、それはかなりレアなことではないのか。むしろ、蹉跌へと到るのが普通ではないのか。……と言うと、まるでモテナイ君の論理みたいだが、モテる者だって蹉跌は常態である。いくら「もこみち君」がモテモテ君だとしても、群がる女の子がじぶんの望む相手ばかりとは限らない。まして、彼の好みが「自分からはけして求愛してこないような、奥ゆかしくてはにかみやの女の子」だとしたらどうなるか。毎日が想像を絶する修羅である。

そうなると望むべくは、やはり、蹉跌の可能性を前提とした見方だろう。ルフェーブルの見方は、革命的群衆の蜂起とアンシャン・レジームの打倒という「うまくいった場合」のみならず、その後の多くの革命運動のように「うまくいかない場合」の理由をも説明可能にする。また、「うまくいった」後にきまって訪れる望ましくない状況(たとえばジャコバン独裁)や「リヴァイアサンがベヒモスか」の究極の選択といったことにまで展望を開いてくれるだろう。小篇ながら、歴史学の面白さを存分に楽しめる論考である。(了)

--------------------------------------------------------------------------------------

シモーヌ・ヴェイユ入門 (平凡社ライブラリー)
シモーヌ・ヴェイユ入門 (平凡社ライブラリー)ロバート コールズ Robert Coles 福井 美津子

平凡社 1997-01
売り上げランキング : 500063

おすすめ平均 star
star精神医学の立場からヴェイユを探った良書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サマー・アポカリプス (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
サマー・アポカリプス (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)笠井 潔

東京創元社 1996-03
売り上げランキング : 188589

おすすめ平均 star
starバランスが良い。
star本格の中の本格

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


群衆心理 (講談社学術文庫)
群衆心理 (講談社学術文庫)ギュスターヴ ル・ボン Gustave Le Bon 桜井 成夫

講談社 1993-09
売り上げランキング : 43548

おすすめ平均 star
star補足
starヒトラー『わが闘争』の原型

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


感性の歴史
感性の歴史リュシアン フェーヴル アラン コルバン ジョルジュ デュビィ

藤原書店 1997-06
売り上げランキング : 356973


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


- | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
スポンサーサイト
- | 19:50 | - | - | pookmark | |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nornsaffectio.jugem.jp/trackback/68