Cause we are the ...

La ricerca della morale che non dipende da una cosa della trascendenza...
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    よはん (09/09)
  • そして少佐はネットの海に消えた…|必然に抗う主体の往還二廻向
    宇根 康裕 (09/07)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (08/25)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (08/20)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    宇根 康裕 (07/12)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
    よはん (06/19)
  • 相変わらずの田幸和歌子
    よはん (05/28)
epigraph
  • 「低さ」と名づけられているものはすべて、重力による現象だ。(S.Weil)
  • 水は低きに流れ、人の心もまた、低きに流れる。(H.Kuze)
  • ハハハッ、アステロイドベルトまで行った人間が戻ってくるっていうのはな、人間がまだ地球の重力に引かれて飛べないって証拠だろう?(H.Karn)
Hanabi
iPod
logpi
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark | |
「で、どこまでやるつもりなんだ?……状況の悪化を、だよ!」
 従前(←http://nornsaffectio.jugem.jp/?eid=83)。
 問題が拡がっています。

◎毎日新聞問題の情報集積wiki
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/1.html

 もうエントリーに採りあげるのは止そうとも思ったのですが、このままでは思い残すことがあるので、もう一回だけ。

(7月8日追記:ごめんなさい。さらにもう一回やります。)
続きを読む >>
Le courant des fois|時流 | 05:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
大新聞の「不適切な」行動
「Mainichi Daily News」で配信していた英文記事が問題になっています。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/24/news054.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/25/news107.html


 元来僕はこういうネットでタイムリーに話題にされていることを採りあげることに消極的であり、好まないところであるし、騒ぐほどのものでもないとも思うのだが、ことこの件に関しては大新聞という社会的権力の「いやらしい部分」が見える気がして、気に入らないので、採りあげることにした。
続きを読む >>
Le courant des fois|時流 | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
女性型ヒューマノイドロボットは「いやらしい」?
 抑制され、抽象化されたデザインでありながら、それでも十分に女性的なフォルムを備えており、かつ女性的な仕草を追求してつくられたエマ。それが今秋、われわれの生活の場に登場することとなった。それについて、思ったことをひとつ。
続きを読む >>
Le courant des fois|時流 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
君が代伴奏拒否の公民的価値
 今年の重判を読んだ。先頃話題になった「君が代ピアノ伴奏職務命令拒否事件」(最判H.19.2.27)の評釈が載っている(12頁,評者は淺野博宣神戸大教授)。イデオロギー的にきなくさい事件であり、じじつ去年あたりはネット界隈でもヒステリックな論調のコメントをたびたび見かけた。僕は基本的にそういうのを好かないので、いままでこの話題に触れることを避けていたが、そろそろ丁度いい頃合いだと思うので、これについてつらつら書いてみようと思う。
平成19年度重要判例解説平成19年度重要判例解説 by G-Tools


続きを読む >>
L'histoire et Étude|歴史・社会 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
相変わらずの田幸和歌子
久々のエントリがこんなネタで恐縮なのですが。

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091211730149.html
続きを読む >>
Le courant des fois|時流 | 02:01 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark | |
エリンギとズッキーニの醤油バター炒め
エリンギとズッキーニの醤油バター炒め

今晩の夕食。

「エリンギは茄子とズッキーニと一緒に炒めると絶品」という某食材店の言葉を真に受けて自作。そこそこ美味しかった。
続きを読む >>
Nourriture et liqueur|食・酒 | 22:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark | |
CO2排出ゼロの未来都市、アブダビ首長国が建設へ
路面電車と、口頭で行き先を伝えるだけでその場所に運んでくれる「自動ポッド」が設置され、市内の移動に自動車をいっさい必要ないようにするそうだ。こういう自動ポッドは昔のSFや子供向けの未来絵本なんかにきまって登場したものだが、ついに実現されるらしい。

面白そうじゃない。しかし…。
続きを読む >>
Le courant des fois|時流 | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
人は低きに流れ、そしてベヒモスに飲まれる?
先日寄せられたコメントへの返答です。(下にリンクするコメント欄参照)

http://nornsaffectio.jugem.jp/?eid=42#comments


(文中に登場する「1月18日の日記」については、リンク先の双方の記事を参考にしてください。)
続きを読む >>
Un passage fragmentaire|断章 | 02:59 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark | |
センター試験ですね

受験票などを手に試験会場へ向かう受験生たち。621大学、156短大が参加する08年度大学入試センター試験が19日、全国736の会場で始まり、本格的な受験シーズンが幕を開ける(東京都文京区の東京大学)  【時事通信社】


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2338268/2535573

ベストを尽くして頑張って!
冷えるので体調管理はしっかりと。
Le courant des fois|時流 | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |
もうすぐ攻殻機動隊?
毎年恒例の基調講演で発表された「MacBook Air」。薄さに関してはすでに大きなインパクトを与えているが、僕にとってそれ以上に気になったのは、「Air」という名前と、Expo会場バナーでそこを暗示するような文句を掲げたことだった。

もちろんそれは、高速のIEEE802.11n Wi-fiを搭載したという点に掛かっている。AirMac以来のワイヤレス化の流れの行き着く先なわけだが、今回「MacBook Air」のニュースを聞き、これである種の不回帰点に達したなという感慨を持った。

なにしろ、周到である。光学ドライブ非搭載と、「Time Capsule」の同時発表。光学ドライブを外したのは小型軽量化のためといわれているが、「Time Capsule」とペアで考えた場合、このことはもっと積極的な意味合いを帯びてくるような気がする。詳しいことは他所が論評するに決まっている(こんなにあからさまなのだから)ので省くが、要するに、光学メディア全体が旧式メディアになる日がもうすぐそこまできているということなのではないか。実際、僕のところでも、光学ドライブを使用する機会はここのところ極端に減ってきている。

勿論、DVD(ましてBlue-ray Disc)メディアが要らなくなるほど通信技術が発達するにはもうしばらく時間が掛かるだろうが、Appleの思い描くライフスタイル未来像がまたひとつ現実のものとなったことは間違いなさそうだ。

そして僕らは、より深く、シームレスに、ネットワークのリゾームの中に取り込まれてゆくというわけだ。そうなると、《人間》の死とか「孤独に耐性のない人間」の増加とか、いろいろなことが起きてきそうだが、それこそ未来学者あたりが飽きるほど論評していることなので詳細は控えておこう。(了)

続きを読む >>
Macintosh | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | |